お金借りる 専業主婦

専業主婦のキャッシング事情

専業主婦が借り入れをするのは難しいですが、家計を預かっているからこそ時として現金が入用になる場合があります。しかし金融業と言うのは商売であり、回収不可能な相手の場合は否決される可能性が高いです。専業主婦は家庭を切り盛りしている大切な役割が存在していますが、外部からの収入はなく、返済能力を認めてもらうのは難しくなります。

 

この時に知っておきたいのが総量規制で、1990年に大蔵省から金融機関に対して行われた行政指導のことで、夫婦による貸し付けのだいたいの金額が定められて、収入のない専業主事は借りるのが難しくなりました。ちなみに消費者金融も配偶者に返済能力があると認められれば問題は特になくなりますが、配偶者の職場に在籍確認の電話連絡が入る、所得証明書や配偶者の同意書などを提出する必要が出てきます。キャッシングを秘密にしたい主婦もいるので、避けたいと考える人も多いです。

 

この時に銀行カードローンは一部ですが配偶者の確認が不要で借りられます。口座を持っている銀行なら、今使用しているキャッシュカードにローン機能を付けることができて、通常よりも審査時間が短くなります。また口座やこれまでの金融の流れが分かれば可決される可能性が高いです。

page top