お金借りる 行政

行政でお金を借りる方法

お金に困ってしまった場合には、何も銀行や消費者金融だけがお金を借りる先になるとは限りません。区役所を市役所をはじめとする行政その他の公的機関から借り入れする方法もあります。特にそのなかでも金額が大きいのは総合支援資金貸付とよばれるものです。

 

これは単身世帯であれば毎月15万円、その他は20万円までを上限として、失業などにより生活に困窮している人が、その生活を立て直して経済的に自立することを支援するための費用として、都道府県ごとの社会福祉協議会を経由した貸し付けが行われるものです。当面の生活費用をまかなうための生活支援費、アパートの敷金・礼金などをまかなうための住宅入居費、技能習得や債務整理などに使える一時生活再建費からなっています。

 

貸し付けを受けている期間はハローワークに通って就職活動をするなどの条件があります。ほかに福祉資金とよばれる制度もあります。こちらは低所得世帯・障害者世帯・高齢者世帯などを対象として、必要とする資金を融資する制度のことです。生業を営むための必要経費や病気療養のための経費、住宅リフォームや福祉用具購入、介護または障害福祉サービスを受けるための経費は福祉費としてまかないます。緊急かつ一時的に少額の融資を受けて生計を維持する目的であれば緊急小口資金が該当します。

page top