お金借りる 銀行 消費者金融

銀行でお金を借りるには

銀行でお金を借りるのはハードルが高いと思われていますが、実際は消費者金融とあまり変わりません。むしろゆうちょ・農協のほうがハードルが高いことが多く、現在の銀行は大手消費者金融のように気軽に融資を受けることができます。銀行ローンは審査が高いと言われる理由は、住宅ローンや教育ローンなどの融資額の大きいローンを用意しているためです。住宅ローンだと1000万円を軽く超える借入になることが多いので、キャッシングのように気軽に借りられません。同様のローンで比較をする場合は、銀行も消費者金融も大差はないわけです。

 

最近は銀行が資金サポートをする銀行系の消費者金融が増えており、銀行との違いは貸金業法の適用になることです。総量規制の対象になりますし、金利は消費者金融と同レベルになっています。銀行系は銀行ローンよりも金利が高いですが、若干審査のハードルを低く設定していることが多いです。以前に銀行ローンに申し込んで断られたけど、借りるなら消費者金融の中でも信頼できる会社がよいという方におすすめです。

 

ローンは低金利になるほど、信用力という担保を求められます。ゆうちょ・農協から借りるのは意外と難しいという声が多く、低金利を設定していることが一番の理由です。

 

消費者金融でお金を借りるには

消費者金融でお金を借りることは別に悪いことではありません。消費者金融は銀行などの金融機関と比較して流動的に素早く資金を融通してくれるという可能性がありますから、個人だけではなく中小企業や中堅どころの企業であれば利用を検討してもいいかもしれない。

 

ただ、利用する時にはしっかりとした返済シュミレーションが出来ているという事が条件となることは考えておかなければなりません。消費者金融でお金を借りるということは高い金利でお金を借りということですから、当然その負担は大きなものとなると考えなけなければならないという事です。企業を運営していれば今資金が必要で、それが出来ればお金が入るというめどがあるというような場合に、こうしたところは利用価値が高いという事が言えるのかもしれません。

 

単にお金が無くて資金が無くなったから借りるというような事で利用すると、返済が出来なくなるリスクとも当然あるという事は考えておかなければならない事でしょう。審査がゆるいという事は金利が高いという事を含めて自分でお金を管理する必要性があるという事を意味します。つまり、自分でしなければならない事は多くなると考えて利用を検討する必要があります。

page top