お金借りる 身内 同僚

身内や同僚にお金を借りるときに注意すること

親しい間柄にある相手でも金銭の貸し借りをする時は慎重に行わないと後でトラブルに発展する可能性があります。おばあちゃん、祖母、祖父に借りる場合も兄弟、友人などに借りる場合も親しいからこそ口約束ではなく、書面に内容を記載しておく事が重要です。貸す側としては親しい相手に頼まれると断りにくいですし、返済期限や利息の話は特にしにくいです。その為借りる方から期限や利息についての取り決めをどうするか確認するべきです。

 

相手が上司、同僚である時は仕事上の知人であるので、お金の貸し借りをする時は細心注意を払う必要があります。しっかり取り決めをして決定した条件を厳守しないと仕事にも影響が出る可能性があります。借りる時には期限を設定しますが、決めた日時は最終返済日と考えて少しでも早く返済できるように努力する事は大切です。

 

借用書の作成は弁護士や司法書士などの専門が作成しないといけないものではなく、当事者同士で条件を決めて書面にする事で法的にも有効です。しかし書かれている書き方に不備があったり、期限や利息の設定に誤りがあると借用書自体が無効になってしまいます。確実な書面を作るために費用はかかりますが、弁護士や司法書士に借用書の作成を依頼するのも良いです。

page top