お金借りる 審査 必要書類

お金を借りる時の必要書類

お金を借りたいと考えるときは、すぐにでも手元にお金が欲しいという状況が多いことでしょう。そのため、いざというときのために借りる際必要なものを知っておくことは重要です。

 

融資をお願いする相手先によって必要となる書類の詳細は異なります。ただし、一般的に必要となるのは各企業が作成を規定している書類、印鑑証明、身分証明証です。なお、身分証明書としてはマイナンバーカードや運転免許証、パスポート、健康保険証などを使用するのが一般的ですが、顔写真のない健康保険証を使う場合住民票などの提示が求められることが多いので注意しましょう。

 

これは平成28年10月1日に行われた犯罪収益移転防止法に基づき顔写真のない本人確認書類は単独使用が認められなくなったことに由来します。また、働いていることの証明として給料明細、健康保険証の提示が必要な場合もあります。なお、これら書類はある程度の額を借りたい場合のみ提示が求められるのが一般的です。つまり、少額の場合貸した相手が誰かを証明さえできれば良いためです。

 

更に担保、連帯保証人に関する書類の提出が必要な場合もあります。第3者に連帯保証人をお願いする場合その人の住民票や印鑑証明書、承諾書などを事前に準備しておきましょう。

 

キャッシングの審査について

お金を借りる 審査というのは、ハードルの高さや低さが金融機関によって異なりを見せます。

 

通常、銀行でのカードローンの審査には時間がかかり、審査が厳しいことで知られています。他方、消費者金融会社のカードローンは審査に必要な入力項目が少なく、簡易審査ですぐに融資を受けられるという審査が甘いという特徴が見られます。銀行では審査通らない人向けに利用されているのが、校舎である消費者金融会社のキャッシング審査です。

 

先に述べたように審査項目が少ないので入力事項が極端に少なく、審査にかかる時間も短時間なのが特徴です。消費者金融会社によっては、審査時間が数十秒というところも少なくありません。また、さらに魅力的なのが即日審査で即日振込みを行ってくれるという点です。14時30分までに審査が下りれば、即日で融資を受けることができる便利なキャッシングがあります。

 

また、ネット上で全て手続きができるのが最大の魅力です。急にお金が必要な場合には、多少金利が高くてもすぐに返すことさえできれば審査が甘いキャッシングを利用することが大変利用価値があるといえるでしょう。上手に借りて上手に返すことが消費者金融からお金を借りるコツです。

page top